2016/12/3(Sat) 第10回 医心方勉強会

今年最後の医心方勉強会は2016/12/3(土曜:13時30分~16時30分)です。

今回は忘年会もありますので、参加される場合は応募フォームからお願いします。

(懇親会は食事注文の都合で12/1までです) 

忘年会は槇先生も出席されるのでゆっくり話すチャンスですので、どうぞよろしくお願いします。今回の講義範囲も面白いです。


◆2016/12/3(土曜:13時30分~16時30分) 

第10回 医心方勉強会@武蔵野スウィングホール10階

【講義範囲】巻二十五 A 小児篇Ⅰ 巻二十五 B 小児篇Ⅱ 巻二十六 仙道篇

https://www.facebook.com/events/1698607413797839/



<応募フォーム(勉強会後、懇親会あり)>

https://ssl.form-mailer.jp/fms/58259a8c478117


*勉強会は3000円、忘年会費は別途3,000円の現地払いです。

*事前のケータリング用意のため、忘年会のお申込み&キャンセルのご連絡は、2日前の「12月1日朝9時まで」とさせていただきます。これ以降はキャンセル料がかかりますので、ご留意くださいませ。注文の都合上、よろしくお願いします!!


【今回の課題巻 要旨】

●巻二十五 A 小児篇Ⅰ

→儀礼、命名、育児、治療など八十八章。出生児の大半が六歳前に死亡した古代の命名や儀礼・呪術にこめた切実な祈り。知恵熱、疳疾、先天的疾病、皮膚病ほか小児特有の治療法を網羅した「小児篇」は二分冊で刊行。現代人が学ぶべき育児法も数多あり、各分野の研究者必携の書。

●巻二十五 B 小児篇Ⅱ

→小児特有の夜泣きやひきつけ、種々の疫病、皮膚病や腫瘍、運動機能障害、言語障害、過食症、けがや誤飲の応急処置等々にみる古代人の驚くべき知恵と工夫。現代中国で癌治療に生かされている薬の記述もある。『源氏物語』の解釈や民俗学、動植物、土石鉱物の研究にも役立つ貴重な書。

●巻二十六 仙道篇

→何日も飲まず食わずで耐える術や丸薬、虎・狼・鬼を避ける術から、火遁水遁の術まで、これまで架空の人物とされてきた仙人たちのさまざまな処方―忍法虎の巻とは、この巻のことを言ったのでは、と思われるおもしろさ。


未来医療研究会

未来医療研究会 -未来の医療を多方面から研究する集まりです-

0コメント

  • 1000 / 1000